ゴッホは浮世絵が大好きだったんだ!

 

ゴッホは浮世絵が大好きだったんだ!

 

 

京都市美術館で「ゴッホ展」が行われてますね。

 

 

 

ゴッホは日本のことが大好きで、日本人になりたかったんだよ。

だから、浮世絵をいっぱい集めて壁に飾ったりしてたんだ。
そして、日本に憧れて、光溢れている南仏のアルルに引っ越すんだ。


どうして日本に憧れてたのかって?


当時、既にジャポニズムと言って、日本ブームの真っ最中だったからね。
でもね、もしかしたら、彼の心の傷を癒すために日本人になりたかったかもしれないんだ。
それはね、内縁の妻、クリスティーナ(通称シーン)のことなんだ。


ゴッホは、シーンとの結婚を親に反対されたんだ。
実はシーンは娼婦だったんだ。
当時のヨーロッパでは、娼婦は悪魔で神に見放された人と言われていたんだ。
しかも、ゴッホの親は牧師。
反対されて当たり前だよね。


結局、身重のシーンと1年間同棲するんだけど、お金が続かなくって別かれて、シーンは生まれた子供と一緒に身投げしちゃうんだ。
きっと、ゴッホは神を呪ったんだろうね。


それからしばらくして、浮世絵に出会うんだ。
そこには花魁が堂々と描かれている。
娼婦なのにね。


興味を持って日本のことを勉強していくと、日本では花魁は差別されていなかったことがわかるんだ。
ファッションリーダーとして、女性にも人気だったりして、ヨーロッパとは全く違うことを知るんだ。


ゴッホは思ったんだ。
「日本に行ったら、シーンも浮かばれると」

そんな想いで描いたのが、この花魁なんだ。
ゴッホの深い悲しみと、それを癒す希望がこの絵にはあるんだ。

(文:京都浮世絵文化の会 斎藤 彰)