4月18日はお香の日でした

 

4月18日はお香の日でした(すみません、18日に書かなくて)

4月は歴史的事件から、18日は言葉遊びによるそうです。

 

日本書紀によると、推古天皇3年(595年)4月に「沈水、淡路島に漂着」と記され、淡路島にひと抱えもある香木が漂着しました。

 

 

 

この沈水(じんすい)というのが一般に言われるところの沈香という香木です。

 

島民がその木を焼くと良い香りが辺り一面に広がったので驚き、木片は朝廷に献上されました。
そこで聖徳太子が観音像を作ったとされてます。

 

今も淡路島ではその香木をご神体として枯木神社に祭られています。
この日本書紀のエピソードがお香に関する日本最古の記述です。

 

沈水香木の伝来した4月と、「香」の字を分解した「一十八日」をあわせて4月18日を、「お香の日」として制定しました。
(Wikipediaより)

 

「お香」まだまだ知らないですが、今はやりの香りのきついアロマではなく、日本古来のほのかな香りに、私は色気を感じます。
みなさまはいかがですか?