「和語とは日本語のこと」

 

 

和語は美しいですね。

 

 

 

 

 

日本語は大きく分類すれば日本固有のやまとことばの他に中国からわたってきた漢語。

外国からわたってきた外来語から成り立ってます。

 

 

やまとことばは、音そのものが美しい響きをもっているものが多く、どこか心の琴線にふれるようなものばかりです。

 

たとえば、「むすめ」「むすこ」「こけむす」などという単語すべて「むすぶ」という単語を通じているなど、一つのことばの音が実は幅広い意味を網羅しており、事柄の本質を言い表している傾向があります。

 

また、日本の独自の文字「ひらがな」は、その穏やかなフォルムが魅力的で、美しいバランスをとるのはなかなか難しいものです。

 

表面的なことでなく、深く掘り下げて本質を考え、日本独特の調和の精神があらわれるような、美しいやまとことばを使えるようになりたいものです。