出雲大社で浪江町の「田植踊」披露

 

 

出雲大社で浪江町の「田植踊」披露

 

「伝統を絶やさないため踊り手を続ける」と頑張る15歳の少女。

 

「平成の大遷宮」でにぎわう出雲大社(島根県出雲市)で19日、東日本大震災で大きな被害を受けた福島県浪江町請戸(うけど)地区に伝わる郷土芸能「請戸の田植踊」が披露されました。

 

 

 

 

 

踊り手たちは、地震や津波で家族を失ったり、原発事故などにより避難生活を続けたりしている6歳から15歳の地元出身の女の子たちです。

 

踊り手たちをまとめ、鼓舞する中打(なかうち)を務めたのは、震災で同居していた祖父母を亡くしながらも「伝統を絶やさないため踊り手を続ける」と頑張る15歳の少女、横山さんでした。

「縁結びの出雲大社で踊れて最高」と公演を終えた横山さん。
「踊りがあったからこそ友達との絆が強められた。請戸のため、伝統を絶やさないため、踊り手を続ける。そして、次の世代に引き継ぎたい」

 

町ごとに伝統の踊りがあり、それを引き継ぐことによって、強い強い絆がうまれてくるんでしょうね。
請戸のみなさん、頑張ってください!

 

(写真・文:http://sankei.jp.msn.com/life/news/130519/trd13051922560011-n2.htm