「神」の表記は「Godでなくkami」

 

 

「神」の表記は「Godでなくkami」

 

とっても嬉しい話です。

 

伊勢神宮が、「神」「祭り」「神社」といった語句について、該当する英単語を当てるのではなくそのまま「kami」「matsuri」などとアルファベット表記に変え、外国人に広く浸透させる試みを始めたそうです。

 

 

 

 

伊勢神宮と神社本庁が共同で制作し、2013年4月に発行した「SOUL of JAPAN」という冊子には、神道と伊勢神宮に関する基本情報が英文で書かれています。

 

その冊子の中で、 「kami」については初出の際、「英語の『deity(多神教の神)』に対応する言葉」と補足があるが、以降は「kami」で統一されています。

 

「日本では古来より、雨の神や風の神といった自然界に起因する神が数多く存在する」「神道は、全知全能の唯一神の存在という考えを持たない」といった独特の考え方を示しながら、「kami」について説明を加えています。

 

英語で一般的に神を表す「God」という単語には置き換えられていないです。

 

本当に嬉しい話です。

 

「神」は「Kami」であって「God]とは絶対に違う!

 

これから神「Kami」は、柔道が「judo」、禅は「zen」、津波が「tsunami」と同じように世界共通語ですね。