古九谷は隠れキリシタンによる暗号?

 

 

古九谷は隠れキリシタンによる暗号?

 

芸術品として当時も高い評価をえた古九谷ですが、なんでわずか50年で消えてしまったのでしょうか。

 

 

 

九谷焼というのは、なんだか派手な色をした陶磁器です。

東洋風とも西洋風とも、とりあえずワビサビな世界とは一線を画しています。

 

九州の伊万里焼(有田焼)に似ています。

似ているどころか伊万里焼が九谷のオリジンというのが有力説です。

 

伊万里焼は、秀吉が朝鮮出兵で、むこうの陶工を連れてきたのが始まりなので、戦国時代末の16世紀後半からスタートです。

 

江戸時代の17世紀の後半(1655年ごろ)になって加賀藩(石川県、厳密には加賀藩支藩の大聖寺藩)に突如あらわれたのが、伊万里焼っぽいテイストを持つ「古九谷」でした。

 

山中町九谷で始まった古九谷(こくたに)は、わずか50年あまりで歴史の表舞台(おもてぶたい)から、ぷつりと姿を消しています。どうして古九谷(こくたに)は突然、消えてしまったのでしょうか。そこには三つの説があります。

1. 原料の陶石(とうせき)がなくなった。
2. 大聖寺藩(だいしょうじはん)の財政が苦しくなった。
3. 江戸幕府のかんしょう。

 

しかし、いずれの説も確かな証拠(しょうこ)がなく、古九谷はいまだに不明な点が多い「謎の焼き物」です。

 

これらの諸説を覆す最新の古九谷の謎ときがでました。

 

なんと隠れキリシタンが作ったというものです。石川県立美術館の学芸員さんの説です。先日の2013年5月15日)の読売新聞への寄稿です。

 

この先、すごく長くなりそう(笑)
ここからは、下記のURLからご覧ください。

http://getnews.jp/archives/345181

 

結局、50年で消えた謎ときにはならないと思いますが、興味しんしんでご覧ください。