日本の二十四節気「芒種」(ぼうしゅ)

 

 

日本の二十四節気「芒種」(ぼうしゅ)

今日は、後ほど梅酒のお話!

「芒種」 麦を収穫し、田植えを始める時期。

 

 

 

 

まもなく「 入梅にゅうばい(6月11日頃)」です。


芒(のぎ)は、麦や稲などの穀物の先にある針のような毛のことで、「芒種」とは、麦を収穫し、「のぎ」のある穀物の種を播いたり、稲の苗を植え付ける時期のことを意味しています。

 

梅の実が青から黄色に変わり、百舌が鳴き始めます。
かまきりや蛍が現れ始める頃でもあります。

 

次第に梅雨めいて、五月雨(さみだれ)の季節に入ります。

 

さて、この時期に家庭で作るものといえば「梅酒」ですね。

 

梅酒は、「うめしゅ」「ばいしゅ」などとよばれ、6月ごろに収穫した青梅をホワイトリカーや焼酎などで漬け込んで作った果実酒のことです。
梅と漬け込むためのアルコール度20度以上のお酒と氷砂糖を準備すれば、家庭でも簡単に作れますので、非常に人気があります。

 

日本では、万葉集の時代には、「花」といえば「梅」のことをさしていました。
実が食用にされるようになったのは、奈良時代からだということです。
梅酒は、1697年に書かれた書物「本朝食鑑」に初めて、「梅酒」という言葉として登場しています。
この書物には、梅酒の効用として、「痰を押さえ、食欲を増進させたり、体内の毒素を分解する、のどの痛みをしずめる」などと書かれています。

 

また、作り方も記されているのですが、現在の作り方とほとんど同じで、漬け込むお酒が「古酒」だったということです。
このころは、嗜好品としてではなく、薬種として飲まれることが多かったようです。
江戸時代の書物「松屋筆記」にもほぼ同じ作り方が記載されています。

 

また、梅酒は、古くから、健康に役立つ効用があるとして知られています。
梅に含まれる「クエン酸」が、疲労回復を助けたり、夏ばて防止にも役立つといわれています。
「ポリフェノール」も豊富なので、抗酸化作用があることでも知られています。

 

梅酒の魅力については、なんといっても自分で作れるということでしょう。
材料さえ揃えば、簡単に自分だけの手造りの梅酒が味わえますよ。
何年も寝かせておくと、コクのある円熟した梅酒も自分で作ることができるのです。

 

さあ、今年は家族全員で梅酒作りに挑戦してみてはいかがですか!