きものは素敵「和の色と柄」

 

 

きものは素敵「和の色と柄」

 

普段、洋服で接している友人知人が結婚式やパーティーへ和服姿で現れる。

それがまた見事で、思わずハッとさせられてしまった。
そのうような経験は誰にでもありませんか。

 

このような時に、気の効いたひと言が言えるといいのですが、どうにも、その言葉が出てこない・・・

 

 

 

そう、和服は色も柄も多種多様、その名称にも疎い。


本当は「朱鷺色(ときいろ)」と呼ぶべき色の着物を見て、「そのピンク色いいね」などと、言ってしまっては、どうにも品格に乏しくなってしまいますね。

 

まずは和の色から見てきましょう。

 

そもそも和の色は、草木染のように、植物などの自然の素材で染めます。
現代では、そうした伝統色でも化学染料で染めることが多いのですが、本来は天然素材の色なわけです。
だからこそ、はっきりとした原色とはひと味違う、深く微妙な色合いが数多くそろうのです。

 

それは名称に如実の表れています。
萌黄(もえぎ)、若竹色、落栗色(おちぐりいろ)、朽葉色などなど、日本各地で四季折々、見かける風景にある色です。

 

日本人がいかに季節感を重んじ、なおかつ自然から多くの物事を吸収しているかがよくわかります。

 

 

日本の自然とひと口に言っても、東西南北、地域によっても違います。
当然、伝統色は染物の産地ごとに同じ色名でも微妙に色が変わります。
色見本などない時代に作られた色が多いので、これも当然のことですね。

 

これもまた、機械やデジタルの世界では見られない面白みですね。

 

季節の移ろいや日々の生活から生まれた日本の伝統色。
日本人は繊細で感性が豊かで、素敵な色名をたくさん残してくれています。
自分の国が誇らしく思えますよね。


これからも大切に使っていきたいです・・・。

 

(写真:http://ameblo.jp/m-couleurdesign/entry-11161088286.html