「入梅」(にゅうばい)

 

 

「入梅」(にゅうばい)

 

入梅は、芒種から5日目、立春から数えて135日目に当る6月11日頃の時期をいいます。
この日を境に梅雨の季節に入ります。

 

入梅は、梅雨の季節に入る最初の日で「にゅうばい」と呼び、その日から約30日間が梅雨です。

 

 

 

 

梅の実が熟する頃に雨季に入ることから入梅といわれるようになったとか、この頃は湿度が高く黴〔かび〕が生えやすいため「黴雨〔ばいう〕」が転じて梅雨になったともいわれています。

 

入梅の由来や起源ははっきりとわかっていません。

 

ある説によれば、気象学がまだ発達していなかった頃は、農作物の出来高をよりよいものにするために「梅雨」がくる時期の目安を知っておく必要がありました。そこで、江戸時代に暦の上での入梅が設けられたということです。

 

「入梅」は、芒種の後の最初の壬〔みずのえ〕の日です。それは、陰陽五行説で「壬は水の気の強い性格」とされており、水と縁がある日ということで、入梅の時期の目安に選ばれました。

 

しかし、実際は毎年同じ日に梅雨入りがくるわけでは無く、地域や気候によって差が生じるため、気象庁の出す「梅雨入り宣言」が実際の梅雨入りの目安になっています。

 

今年、梅雨入り宣言後、雨が降っていませんね。


今日から今週末にかけては降るそうですが、もう、すでに農作物などに大きな被害が出てるそうです。

 

自然の力に何一つできない人間が、何でも出来ると思ってる人の多いこと。

 

今だからこそ、いつも何に対しても「ありがとうございます」
今日も一日ありがとうございます。