和の教え 「時の流れ」

 

 

和の教え 「時の流れ」

 

一年は三百六十五日四分の一ですよね。

 

現代人はせっかちになって、時計の針が、カチ、カチと進むように合理的な時間が過ぎていくと思っています。

ですが、そうやって、時間が過ぎていくと考えているのは、人間だけで、その他の生きものは、音もなく、過ぎていく宇宙の時間んで生きています。

 

 

 

 

春の季節がやってきたから花が咲くのではなくて、寒い冬のころから土の中で眠っていたものが、暖かくなって出てきて咲きます。

 

それまで積み重なってきたものが、暖かくなって花開くわけですね。

 

ですから、現在も「現在」という時になったから、今があるわけではなくて、過去の積み重ねによって現在があり、現在の積み重ねが未来になります。

 

つまり、今をよくしていかないと、未来はよくならないということですね。

 

今の積み重ねが、未来をよくする。

 

今をどう生きてますか・・・

 

ありがとうございます。