6月16日は「嘉祥の日」でした。

 

 

 

毎年6月16日は和菓子協会によって、「和菓子の日」とされています。


なぜこの日なのか?
由来は平安時代に始まる?「嘉祥の儀」

 

疫病が流行し多くの人々が病に倒れました、西暦848年、豊後の国(大分県)から白い亀を献上されたことを吉兆として、嘉祥元年と改元されました6月16日、時の仁明天皇が神前に菓子16種類を供え、疫病よけを祈願されましたら、たちどころに疫病がおさまり、祈願成就されたということであります。
(他にも諸説ありますが・・・)

 

 

 

 

この嘉祥祝いの行事は、疫病を払い福を招くとされ、江戸幕府は盛大に嘉祥の賀儀を行ったということであります。


民間でも嘉祥喰といって、16文で餅16個を買って無言のまま食べる風がありました。


また、この夜、16歳の女子は、振袖を切って詰袖にし、嘉祥菓子の饅頭を盛った土器に孔をあけて、その穴で月を見る習俗があり、これを月見の土器といったそうです。

 

 

和菓子、大好きです。


それぞれの和菓子は、季節の顔を持っていて、可愛いですよね。


16種類の菓子!


どんな種類の菓子だったのでしょうか?


どなたか、ご存知ですか。