和のうんちく「畳」

 

 

和のうんちく「畳」

かつて身分の高い人を家に迎えるときに、板の間に敷いたわらの御座や筵を、たたみ重ねておくことからその名がつきました。

 

 

 

その歴史は、日本最古の歴史書「古事記」にまでさかのぼえります。

 

菅畳、皮畳、絹畳など座る人の身分に応じてさまざまな大きさや材質の畳があったとされています。

 

室町時代に部屋一面に敷くようになったそうです。