和のうんちく「和傘」

 

 

和のうんちく「和傘」

 

日ざしや雨をしのぐ傘は、仏教の儀式用具として飛鳥時代に中国から伝来しました。

 

その後、傘紙は防水のため油紙を使い、骨は弾力性のある竹を用いて開閉可能になりました。

 

 

 

 

江戸時代には主に医者や僧侶が用い、すれ違う相手をぬらさないよう傘をすぼめる「傘かしげ」の気くばりがありました。

 

雨の多い日本だからこそ、好きな柄を大事に使いたいですね。

 

でも、和傘をもつことはないですね。


和傘、欲しい~!!