「神宮の御塩」

 

 

神宮では、年間千五百を超えるお祭りのほとんどに米(飯)と塩とお水が供えられます。

 

一年間分の神饌御料と修祓用の御塩作りが始まるのが、今月下旬の土用の頃。
この頃は、一年中で最も暑く、梅雨も明けて塩作りには最適な季節となります。

 

 

 

 

場所は伊勢市二見町西の御塩浜で、潮の干潮と満潮を利用した入浜式の製塩がおこなわれます。


海水に淡水が少し混入したほうが、より粒子の細かい塩が取れるとされることから、この地が選ばれたそうです。

 

満潮時に海水を浜に入れ、干潮時に砂についた海水の水分を炎天下で蒸発させ、これを集めて濃度の高い海水である鹹水(かんすい)を作ります。
鹹水を作るには幾多の工程があり、作業は一週間程度続けられ、樽に詰められて運ばれ、約一キロ東に鎮座する御塩殿神社内の御塩焼所で塩となります。

 

竃の上に口径約二メートルの平釜を据え、煮つめると塩の結晶が現れてきます。
一昼夜を通しておこなわれるこの作業によりできた塩が荒塩です。


秋の御塩殿祭の後、御塩殿で御塩焼固の作業により三角錐型の固形の塩、堅塩となって完成します。
焼固は春にもおこなわれ、各百個、計二百個を作り、外宮に納められます。

 

神聖なる御塩作り、一度は見てみたいですね。
(写真:http://mioriinata.com/diary/2007/08/post_27.html