「鉄は生き、朽ちる宿命」

 

 

「鉄は生き、朽ちる宿命」



陰影の美とは、こういうことをいうのだろう。



逆光に浮かぶ茶釜。
一見、単色に見える釜肌は、見るほどに複雑な色が現れて正体がつかめない。
茶釜という茶道具の、そして鉄という素材の奥深さを改めて思い知らされます。


 




 

京都市中京区のその名も釜座(かまんざ)町で江戸初期から約400年続く釜師、大西家。
千利休を祖とする三千家の職方として代々、茶釜を作り続けてきました。



「鉄は生きているんです」



16代大西清右衛門さん(52)の一言が印象的だった。



「だから、朽ちていくことは宿命ともいえます」



やつれ、という言葉がある。
長い年月を経て自然に古びて欠けることがあっても、それこそが鉄の持つ味わいであり美しさと見る美意識だ。
鉄は朽ち果てるもの。茶の湯はそこに妙味を見いだした。


当代作の「霰覆垂釜(あられおだれがま)」は、下の部分が波打つように欠けている。
人為的に施した造形だが、そこに計算はない。
硬い鉄の赴くまま、無作為の美があるのみ。


6代約400年、脈々と受け継がれてきた鉄と向き合う釜師の伝統。
そこには、相当な努力があったと思う。



16代大西さんは「今見てもかなりアバンギャルド(前衛的)なものづくりというか…。現代でも通じるデザイン、造形的な作品が残っている。これ、350年も前のものやけどなぁ、と思うことは度々ですね」と笑う。

(文・写真:http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130713/wlf13071313150009-n1.htm


伝統を創造するですね!