「団扇」(うちわ)

 



夏といえば「団扇」ですね。
It will be a “Utiwa” if it is called summer.



団扇は、細く平たい竹を扇状に組み、紙や絹を貼って絵柄を施したもので、扇いで風を起こす多くはこの円形の道具です。


 

 



日常の道具ですが、たかが扇子されど扇子で、源流を探ってみると大変な歴史があります。


丸い形が多かったので団(まる)い扇、つまり団扇といわれたとか、虫を打ち払うから「打ちわ」になったなどの説があります。



日本では弥生・古墳時代に団扇の形をした木製の出土品が発見されています。
壁画にしても出土品にしても古代は「扇ぐ」「打ち払う」使い方をしたので、「厄払い」という呪術の道具として使われたものとも言われています。



基本的には戦国時代に完成しましたが、圧倒的に流行したのは、町人の力がついて紙が豊富に使えるようになった江戸時代のことです。
「本渋扇子、奈良扇子、更紗扇子」の売り声で町を流して歩く「扇子の振り売り」があったくらいです。



あらゆる絵柄が扇子に付けられ、形も多種多様で江戸文化の一端を担っていました。
その中で人気ナンバーワンだったのは、歌舞伎役者を描いた「山手扇子」でした。
明治に入ると、美人画の扇子が大流行しました。




わが家にある扇子は「キムタク」!
浴衣の後ろにさして粋に歩いてます!