叔父の教え「温故知新」 

 

 

叔父の教え「温故知新」 


この言葉を聞いたことがあるかな。


これは、古くからつたわることわざなんだよ。
「おんこちしん」や「ふるきをたずねてあたらしさをしる」って読むんだよ。

 


いみは、古いものやことがらをしらべて、そこから新しいことを発見する。といういみなんだよ。
むかしの古いものをしることで、今の新しいものの原点がわかってくる。


今の世の中は、いろいろな新しいものがたくさんあるけれど、さいしょからこの新しいものがあるんじゃないんだよ。
はじめにもとになるものがあって、そこから今の新しいものができてくるんだよ。
古いものの歴史の上に、新しいものがある、ということをわすれちゃいけないね。


今の日本人だって、江戸時代や平安時代や、もっと古い時代の歴史があるけど、それよりも古い、人間がたんじょうしたころからの宇宙の歴史もあるんだよ。


そういう歴史の中で生かされているということを知らなければ、
ほんとうの人間ではなくなってしまうかもしれないね。


そうやって、むかしのものや古い歴史をしらべてみると、そこから何か新しい発見があるかもしれないね。


 

 



私の大好きな叔父の本「にほんよいくに」からです。
歴史と伝統につちかわれた、生きるための知恵「いのち」を今、子どもたち、そして大人たちに伝えてくれる素敵な本です。

いつか、この本が世界中で読まれるようにしたいです!!