選手が武士や寿司職人に変身

 

 

「選手が武士や寿司職人に変身」



先日、プレシーズンツアーで来日中のサッカーのアーセナルメンバーは、日本の文化に触れ、異国の地での少ない滞在時間を楽しまれたそうです。

25日に行われたファンミーティングには複数の選手が参加し、ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキと同DFペア・メルテザッカーが江戸時代の武士の格好に扮装して、集まった日本のサポーターを楽しませてくれました。

 

20130729-2

 



また、スペイン人MFミケル・アルテタとフランス代表DFバカリ・サニャは寿司職人体験を行い、アルテタはツイッターで「やっとスシの作り方を学べたよ!レッスンはすごく楽しかった!」と、職人姿で巻きずしを作る自身の写真付きでコメントしてくれました。
(情報提供:SOCCERKING)




いいですね、海外から来られた人に日本文化をふれてもうことは!
でも、集まったサポーターは試合の時、日の丸はふるけどアーセナルのメンバー同様、日本文化にふれること少ないんでしょうね。

 


日本人にも、もっともっと日本文化に触れる場所、時をつくらないといけなくぃですね。
日本の文化は楽しいですよ!!