日本の七十二候「土潤溽暑」

 

 

日本の七十二候「土潤溽暑」(つちうるおうてむしあつし)


「つちうるおうてむしあつし」まさに、毎日の猛暑を語ってますね。



土がじっとりして蒸し暑くなる時期です。
「溽暑」は蒸し暑いことをいいます。


ほかに、暑さの盛りは「極暑」(ごくしょ)、燃えるような暑さは「炎暑」、過酷な暑さは「酷暑」


 



そういえば、2007年以降、最高気温が25度以上の「夏日」、30度以上の「真夏日」、35度以上の「猛暑日」という気象用語ができました。



「猛暑日」が続くころ、夜空に赤く輝く星がいくつかあります。
まず、火星。「夏日星」「炎星」とも呼ばれます。
さそり座のアンタレスも「赤星」「酒酔い星」の名前そのままに赤い星です。


そして、、牛飼い座のアルクトゥルウは「麦星」「麦熟れ星」、
ほかに、天狗の赤ら顔に見立てた「狗賓」(ぐひん、天狗のこと)という異名を持っています。



これらの星は「旱星」(ひでりほし)という異名も持っています。


日照りというより、夜も熱気が残る日本の夏の象徴のようですね。