「日本髪」

 

 

「日本髪」



和装を完成させるのは、髪の美しさ。
スタイルも髪飾りもいろいろと楽しめますね。



着物にはもちろん日本髪が似合います。



和服をまとう時は、そのたおやかさゆえ、頭の先からつま先まで注目したくなり、当然、洋服の時よりも髪型にも目が向きます。
だからこそ、全体の雰囲気がガラリと変わるほど、印象にかかわる重要な位置をしめるのが髪型。

 

 


パッと見ただけでなく、後姿に至るまで隅々に美意識を働かせます。
逆毛を立ててボリュームを出し、丁寧になでつけ、櫛ですいて曲線をきわだたせたり、結ぶ高さなどを変えて、個性や雰囲気に合せた、様々なつくり込ができます。

基本となるのは艶とフォルム。

髪飾り使いの豊富さは髪にかける思いの深さを物語っています。
一昔前の日本人女性には、長い髪を器用に自在に結う、そんな暮らしがあったのです。

忘れてしまうのはもったいないですね。