日本の夏「着てみたい宮古上布」

 

 

日本の夏「着てみたい宮古上布」


縁(えにし)を紡ぐ宮古上布。


沖縄・先島諸島の入り口に位置する宮古島。
この島は、細い細い麻糸で織り上げた、繊細で艶やかな宮古上布の故郷です。

盛夏のお気に入りとして着てみたいですね。

 



織物は、その風土の賜物です。

染も織りも、すべて自然の物を使い、すべて手仕事。
そして、それが無理なくできています。

おばあちゃんたちも、あんな極細の糸を本当に普通に、あたりまえに、糸積みしています。
指先の勘だけで糸を績でいきます。
年を取ると、自然と糸が太くなるといいます。

そんな糸で織った帯。
年齢という自然の摂理が神々しく感じられます。


その自然体は、着る側にも伝わります。
洗練されているのにおおらかで、着ていて楽なのは、そんな環境だからですね。



ちなみに「上布(じょうふ)」って、細い糸を平織りしてできる、ざらざらした張りのある上等な麻織物で縞や絣模様が多く、夏用和服に使われます。