日本の七十二候「寒蝉鳴」(ひぐらしなく)

 

 

日本の七十二候「寒蝉鳴」



「蜩(ひぐらし)」が鳴きはじめる時期です。



「寒蝉(かんせん)」は秋に鳴く蝉のことで、「つくつく法師」をさす場合もあります。



「ひぐらし」という名前は、日暮れに鳴くところからついたといいます。
ですが、朝や曇った日にも鳴いていますね。


 

 



「かなかな・・・・」と木々にこだまするように響く、高く澄んだ鳴き声。
他の蝉とは、ずいぶん趣の違う声です。


中世の和歌集では、秋の鳴く虫の中に蜩の詩を入れている例も見られるほどです。
俳句でも、秋の季語になっています。



実際は、夏のうちから鳴きはじめるのですが、たしかに、いかにも涼しげな声ですね。




そういえば、葉室麟さんが書かれた2011年下半期の直木賞受賞作の「蜩の記」
「鳴く声は、いのちの燃える音に似て」って書いてあった。


蜩も、今を一生懸命すごしているんでしょうね!
我々も、もっともっと、今を一生懸命すごさなければ!