皇大神宮別宮「伊雑宮」(いざわのみや) 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

皇大神宮別宮「伊雑宮」(いざわのみや)

先日、遷宮のための白石持ちに参加させていただきました。

最後に外宮の御神殿に白石を持って入れていただいた、その時、そこにはまだ御霊はいらっしゃらないのですが、ん・・・、言葉にならない。

ただただ立ち止まって、立っているだけ。
気がついたら一番最後。

素晴らしい時を過ごさせていただきました。
本当にありがとうございました。

 和の心 20130825 伊雑宮2

翌日、また素晴らしい所へ連れっていって頂きました。
皇大神宮別宮「伊雑宮」です。

伊雑宮は、一般的には「イゾウグウ」と呼ばれ、皇大神宮(内宮)の別宮で古くから「天照大神の遙宮(とおのみや)」と称せられ、御祭神は天照大神御霊です。
恒例および臨時の祭典は、内宮に準じて行われているので、今年は式年遷宮も行われます。

倭姫命が皇大神宮への神饌を奉納する,御贄地として今から約2000年前に創建されたとも云われ、毎年6月24日には御田植式が行われる宮でもあります。

この伊雑宮、も、素晴らしかったです。
何が?
「気」が!

とにかく機会があれば感じてください。
多分、大昔にはこのような場がたくさんあったのでしょうね。
心、澄んだ場所。

写真はあえてこの写真を選びました。
「木」もこのように育つのですね。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »