和装「個性は生かす」

 

 

和装「個性は生かす」
 


和服がふだん着だった時代は、それほど遠い昔のことではありません。



みなさんも、祖母や祖父が和服を脱ぎ着している姿や、衣擦れの音が記憶に残っていませんか。



明治維新により、国の施策として、髪型と服が急激な変化を遂げましたが、和服が消えてしまうことはありませんでした。



ただ、着物の伝統美は失われず伝えられたものの、ハレの日のものとしての立ち位置ばかりが目立つ流れとなり、フォーマル時のかたくるしさと窮屈さだけが着物の一般的な特徴として伝わったことが、着物に対する誤解の原因の一つとなっています。

 



昨今は花火大会など、浴衣から徐々に入門し始める若者が増えて和服がふだんの生活に戻ってきているきざしが見えます。
ふだん着に愉しむ人たちが少しずつでも増えていくにつれて和服の魅力の真髄は自然と広がっていくでしょうね。




気軽に着物を着てみませんか。


和の素敵の部屋には、今、アンティックな着物や帯ががいっぱい。
いつでも見に来てください。
「この着物に、あの帯かな?いやいやこの帯が素敵」って時間を忘れて楽しめますよ。