西陣の「綴織(つづれおり)」とは

 

 

西陣の「綴織(つづれおり)」とは
 


綴織とは、大変手間のかかる作業ですから、一日かけて数センチしか織れないということもよくあるそうです。


西陣の中でも高い技術が求められるのが綴織です。


 



つづれ織の起源はエジプトだと言われています。


紀元前15世紀の王墓からつづれ織の衣類などが見つかっているそうです。
その後、各地に広がっていき、東洋にはシルクロードから伝わったのです。
東洋に伝わるころには用いる糸も、西方の毛糸から東洋の絹糸へと変わり、技術も発展して東洋独自のつづれ織が完成していきました。


日本への伝来は飛鳥時代だと言われています。
遣隋使や遣唐使が持ち帰ったものと考えられています。
しかしながら、その後つづれ織は見られなくなりました。


現在につながるつづれ織の発祥は江戸時代の西陣でした。
このころの西陣は製作技術も中国をも凌ぐ勢いで、多くの人から重宝される製品を多く作っていました。

つづれ織りとは、横糸だけで文様を表現するのがつづれ織です。


つづれ織というのは織物において、「 横糸をだぶつかせ、縦糸が見えないように打ち込みを多くした織り方 」で平織りの一種です。
日本の西陣の爪掻本綴織(つめかきほんつづれおり)は織機の大きさ、種類、形、糸の太さ、種類(正絹)、打ち込み数、道具まで規制された逸品なのです。


爪掻本つづれ織とは、手の爪をギザギザにカットして横糸を爪で織りこんでいく技法です。
横糸を折り返す位置を微妙に変えることで色をぼかしたり、二色の糸を一本により直して中間色を作ったり、つづれ織りならではの技法で機会にまねのできない精緻な作品を仕上げます。


現在、機械織りや外国産に押され、膨大な手間のかかるつづれ織りが衰退していってるそうです。
この西陣綴織をしっかり伝承しようと、名匠が育成工房を開かれました。
日本の素晴らしい伝統技術、衰退させてはいけませんね。

私たちも「安けりゃよかろう」ではなく、長く孫の代まで使える本当の品を選ぶ時代に来ているのではないでしょうか。
「もったいない」と語る国として。