虫の音はオルゴール 秋の夜長に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

こんにちは。

 

「ありがとう」って、どんな時に感じますか。

もちろん、嬉しいことをしていただいたら、「ありがとうございます」って。

今宵は秋の夜長の虫の音に「ありがとう」って感じてみませんか。

あれ松虫が 鳴いている ちんちろ ちんちろ ちんちろりん
あれ鈴虫も 鳴き出した りんりんりんりん りいんりん
秋の夜長を 鳴き通す ああおもしろい 虫のこえ

ほら、耳を澄まして・・・。

 

「秋の夜中に」

 

「ミーンミーン」

「ジージー」

「ツクツクボウシ ツクツクボウシ」

夏の大合唱が聞こえなくなると、秋の声が聞こえてきましたね。

「りんりんりんりん りいんりん」

「ちんちろ ちんちろ ちんちろりん」

「ちょんちょんちょんちょん すいっちょん」

秋の虫たちの歌声は、恋人をよぶ求愛の歌。

 

 

むかし、平安時代の貴族たちは、野山から捕ってきた虫を庭に放って、虫の音を楽しんだとか。

源氏物語の中にも「光源氏が、虫の声で女三宮をなぐさめたー」というお話。

江戸時代には「虫屋」という虫を売るものがあらわれて、虫をかうことが流行したそうです。

きれいなかごに虫をいれて、その歌声を聞きながら、秋の月をながめてお酒をくみかわす、すずしげな夕暮れ。

まるで、虫のオルゴールですね。

うちの庭からも、夕方、窓をあけて耳をすますと、聞こえてきます。

夜露のおりた、しめった草のあいだから、やさしい恋のうた。

テレビ消して、音楽消してーーーほら。
(文:ひらがな暦 おーなり由子)

 

ありがとうございます。

 

秋の虫の音、聞こえてきますか?気がついてますか?

毎日の忙しさに追われて、秋の気配、虫の声も聞こえてないあなた。

今宵は、すべての音を消して。

お月さまをながめながら。

そんな、ゆっくりした時間を作ってください。

今宵はお月さまをながめながら、ゆっくり虫のこえに耳をかたむけてみませんか。

至福の時ですよ。

えっ、都会のマンションでは虫の声が聞こえてこないって。

そんな方はこちらから聞いてください。

「いくつ知ってますか 虫の声」

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

秋の浄住寺、秋の虫たちが楽しんでいます。

是非とも遊びに来てくださいね。

(旧文2013.09.13:再編集)

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »