お箸のお話3  いつごろからお箸、使ってたんでしょうね?

 

 

お箸のお話3  いつごろからお箸、使ってたんでしょうね?

 

 

和の心 20140226 源氏絵巻

 



古代人が火を使って調理をするようになり、熱い食べ物を手で持つのが大変なので木の枝を折ったり、枝を削った箸を使われるようになったようです。

中国ではすでに約3,000年前からお箸が使われていたといわれています。
3世紀ごろに編纂された「魏志倭人伝」には”手づかみ”で食事をしていた記述があり「古事記」や「日本書紀」には箸に関する記述があることからやはり4世紀から7世紀の間に伝わったとされています。

奈良時代には箸食文化が普及し、平城京の後から木を削った2本の箸が数多く出土しています。
平安時代には当時の庶民文化を伝える絵巻にも箸が描かれ、貴族のみではなく庶民の間にも箸食文化が浸透していた様子がうかがえます。
鎌倉時代には漆を使った箸が登場し、繰り返し箸を使えるよう丈夫にするためだったと推測されています。

また、1日3回の食事文化と作法の原型もこのころにできたと考えられています。 

室町時代には茶道が盛んになるなど食文化の多様化に伴い杉や檜の箸が多くつかわれるようになりました。
江戸時代には外食産業が発展し割りばしも使われるようになるなどほぼ現代と変わらない箸食文化となりました。

若狭で塗り箸が作られ明治になって普及し、昭和になって大衆化していきます。

最初は、祭祀に使われていた箸も時代とともに用途に応じ種類を増やし日本の食文化の中に息づいてきたのです。

食事に使う道具で世界を区分すると、手でものを食べる手食文化圏(東南アジア・中近東・アフリカ)が約44%と最も多く  ナイフやフォークを使うカトラリー文化圏(ヨーロッパ・アメリカ・ロシア)が28%
お箸を使う箸食文化圏(日本・中国・韓国・ベトナム・タイ・シンガポール)は世界の約28%といわれ以外と多く広く東アジア一帯に広がっています。

しかし、箸食文化圏でも箸と匙(さじ)をセットで使うのが大半です。 
もともとお箸のみの食事法は日本独自のスタイルであり日本はただ一つの「完全箸食文化圏」といえます。 
インディカ米などとは異なり、粘り気の強い日本の米を食べるのに向いていたからではないかといわれています。

また、自分だけのお箸を決めて食事をするというのも日本だけの風習、独特の文化で日本人と同様にお箸を使う国々ではどこもお箸はみな共用するものでありマイ箸を使う習慣は全くありません。
(文:箸ギャラリー門)

たかがお箸、されどお箸
いつも何気なく使っているお箸。
このお箸にこのような歴史と意味合いがあるとは。
神さまとつながるお箸です。
毎日使うお箸。
感謝の気持ちをいっぱいこめて、ありがとうございます。