3月はなぜ「弥生」とよぶのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

今日から3月、弥生です。
そして今日は新月、朔日。
一日と朔日が重なるのは珍しいこと、きっといいことがいっぱいは始まる気配です。

 

弥生(やよい)という言葉の由来は、「草木がいよいよ生い茂る月」という意味の「木草(きくさ)弥(い)や生(お)ひ茂る月(づき)」が詰まって「やよい」になったという説が有力だそうだ。

「風雨改まりて、草木いよいよ生ふるゆえに、いやおひ月といふを謝まれり」が始 めに書いた弥生です。
表日本の桜の頃。
盛りの桜を楽しみ別れを惜しむ気持ちが含ま れています。
陽暦では大体4月上旬から5月上旬に跨がる頃に相当し ます。
「さくら さくら 弥生の空は」の意味が理解できました。

3月にはほかにも「花月(かげつ)」「嘉月(かげつ)」「花見月(はなみづき)」「夢見月(ゆめみづき)」などの異名があります。

さて、月の呼び方で、なぜ3月(弥生)と12月(師走)だけ
月がつかないのでしょか。

ごらんのとおり、元の形には「月」が入っていたのですが「やよひ」という読みが残ったので「月」の字ははずれたのでしょう。

「師走」は一般に「師(僧侶)がいそがしく走りまわる」ことが由来と説明されますが、
言語学的に見れば「年果つる月」→「しはつ」→「しわす」となったという説明もなされます。
これも、やはり当初は「月」がついていたものの残った発音にしたがって削られたものと考えられます。

日頃なにげなくつかっている言葉。
一つ一つ紐解いていくと、そこには奥深い意味が隠されているんですね。
だから、日本語はすてきなんです。

そうそう、3月は和菓子も美味しい。
わらび餅、よもぎ餅、さくら餅、ほかにもいっぱい。
美味しいお茶と、すてき!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »