美しい日本の四季

 

 

 

美しい日本の四季

 

和の心 20140313

 



繊細でやさしい感性によって育まれた日本の文化、和のこころ。
これを育んできたのは、やはり日本独特の微妙な変化に富んだ、ゆたかな風土によるものだと思います。

日本の風土の特徴としては、美しい四季にめぐまれているということが真っ先にあげられるでしょう。

日本の気候は温暖でおだやかで、しかも春夏秋冬という美しい四季にめぐまれています。
このような日本の風土というものが、私たちのこころをくり返しくり返しやわらかくし、繊細なこころのひだを育ててくれたに違いありません。

春には三寒四温、三日間寒さが続くと四日間暖かい日が続く。
春先には四日周期といって、暖かい日、雨の日、風の日、晴れの日をくり返す。
そうしているうちに桜が咲き、夏が来る。
そして秋になり、また冬を迎える。

このように、日本の気候は少しづつ微妙に季節の顔を変えながら、こまやかに移り変わっていくのです。
春夏秋冬という四つのシーズンは、それぞれがそれぞれの個性をもって私たちのこころを和ませ、やさしいこころを育て、楽しませてくれるのです。

そんな美しい四季に彩られた日本は、その恩恵ともいうべき、ゆたかな自然にもめぐまれ、その季節に応じたさまざまな文化を育んできたのです。

私たちの祖先である日本人は、ゆたかな自然をそのまま受け入れ、自然を大切にするこころを育て、そこから懐深いゆたかな日本文化を育てていったのです。
(文:禅のこころ和のこころ・篠田暢之)

今の私たち、自然にどれだけ感謝しているのだろう。
季節を楽しむことは楽しんでいるけど・・・。
自分の欲求を満たしているだけのように思えてしまう。
心から自然の素晴らしさを感じ、共に歩む和のこころが今だからこそ大切ですね。

(写真:http://ganref.jp/m/akika77/portfolios/photo_detail/f121b23eb0f0acc82cf4c32caaf00f50