今日は春分の日

 

 

今日は春分の日

 

和の心 20140321 ぼた餅

 



春分と秋分(9月23日ごろ)の前後三日の七日間を「お彼岸」といい、先祖を供養するためにお墓参りをしたり、仏壇にお供えものをしたりします。

日本独自の行事ですが、四季の移りかわりがはっきりとしている国ならではの風習なのかもしれませんね。

春のお彼岸にはぼた餅、秋のお彼岸にはおはぎをお供えしますが、この二つの違いを知ったのはずいぶん年を重ねてからでした。
それまではおばあちゃんが作ったのがぼた餅で、お母さんが作るのがおはぎ、なんて思ってました。
でも、実際は名前が違うだけですね。

その季節に咲く花にたとえて、春は牡丹が咲くから「牡丹餅」、秋は萩が咲くから「お萩」と呼ぶ、という説があります。

他には、こしあんがぼた餅で、粒あんがおはぎ(その逆もあるみたい)とか、大きいものがぼた餅、ちいさいものをおはぎと言ったり。

ん~、やっぱり日本は楽しいですね!
鬼太郎のぼた餅、食べたーい!!!