1000年前の輝き今に 平等院鳳凰堂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

1000年前の輝き今に 平等院鳳凰堂

和の心 20140405

 

56年ぶりの修理をほぼ終えた世界遺産・平等院鳳凰堂(京都府宇治市)の内部拝観が3日、約1年半ぶりに再開されました。
朝早くから大勢の観光客らが詰めかけました。

鳳凰堂は永承7(1052)年、藤原頼道が開基。
平等院によると、鳳凰堂の修理は平成24年9月に開始。
建立当初の姿に近づけるよう、1950年代の前回の修理から年月を経て傷んだ屋根瓦を、光沢のない「古色仕上げ」に替えました。
一対の鳳凰像には金箔を施し、扉や柱を赤茶色の顔料「丹土」で塗り直したそうです。

堂内には本尊の阿弥陀如来坐像、本尊を囲むように壁面に掛けられた雲中供養菩薩像などがあり、浄土さながらの優美な造りです。

この日は午前9時10分の受付が始まる前から、再開を待ちわびていた観光客らが詰めかけ、列を作りました。

蘇った鳳凰堂、桜も見ごろのこの週末は拝観したいですね。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »