日本の伝統文化、「麻」のこと3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

邪気を払ってくれる麻

 

こんにちは。

七草粥を食べて、正月気分も終わりにして今年も元気に一生懸命お仕事しなければ。

ですね。

元旦に神社に初詣に行って、思ったこと。

神社には麻を使ったものが多いことか。

装束はもちろん、神籬(ひもろぎ)、大麻(おおぬさ)、鈴の縄も。

実際には、現代において麻自体が手に入らないので、神聖なる麻が神社で使われなくなっていることが残念です。

 

広く生活に役立つ麻

 

麻は神道儀式に欠かせないものです。

なぜなのでしょうか。

絹でもなければ、紙でもなく、麻なのです。

それは、麻のもっている強い生命力や効果が、古代の人びとの目には神秘的に映ったからでしょう。

実際、麻は縄、布、用具、それから食品や薬まで、広く活用されてきました。

これほど広く生活に役立つことができる植物も、珍しいのです。

 

最も生命力のある麻

 

昔の人びとが、この麻という植物に、一種の畏怖の念を感じたのも無理はありません。

麻の生命力の強さを証明する例のひとつに、麻は、太陽と水がありさえすれば、どこでも育つということが挙げられます。

植物のなかでも、麻は、最も生命力があると言われているくらいなのです。

だから、タイやミャンマーのような暖かい地域でも、北朝鮮のような寒い地域でも、どこでも麻栽培が可能なのです。

しかも、害虫に強いので、現代で言えば、農薬や化学肥料もいりません。

さらにいえば、成長も早い。

つまり、何もしなくてもいいわけです。

(文:「禅のこころ 和の心」 著:篠田暢之さん)

 

麻の素晴らしさをご覧ください。

 

和の心 20140409
(写真:alphamedicinc.comより)

 

先日(2014.4.9)の麻の記事にコメントをいただきました。

是非、みなさまにも見ていただきたく載せます。

麻って素晴らしい力を持っているんですね。

http://s.ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11795639898.html

 

ありがとうございます。

 

日本は、過去に、世界でも類を見ないほど、さまざまな場面において麻を活用していた国です。

それが、戦後、GHQの大麻取締法が公布されてから、日本では一部の場所を除いて栽培できなくなりました。

大麻を吸って心身を荒廃に追い込むことなどしてきてません。

神聖な植物であって、優秀な素材の麻が、もう一度日の目を見ることを願っています。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

麻を誤解されませんように。

(旧文 2014.04.09 再編成)

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »