お茶会を百倍愉しむためのお稽古<序>

P1050046

P1050012

 

DSCF5783

 

DSCF5794

 

P1050013

 

 

P1050030

 

P1050004

 

写真 (16)

 

P1050043

お茶会を百倍愉しむためのお稽古<序>
昨年9月より始めた「お茶を百倍愉しむためのお稽古」、先日のお茶会を最後に、毎月一回の六回コースを、みなさんととても楽しくお稽古をすることができました。
ので、ご好評につき、今月より新たにスタート!

全六回コースですが、参加できる日だけでも大丈夫です。


〇お稽古<序> お茶を気軽に楽しく学びたい方に最適です。
ーお茶会にお招きされたとき、存分に楽しめるために知っておきたいことー

・初めてお茶会にお呼ばれしたけど、所作や作法を知らないので不安・・・
・そもそもお茶会って何を愉しめばいいの?
・お茶のお稽古に10年も通っているので、いまさらこんなことは聴けない。
などなど、初心者から経験者まで、お茶会の愉しみ方をしっかり身につけるお稽古です。

前半の一時間は、お茶会での所作や作法、茶器などのお道具や歴史までを広く学べる、やさしくていねいな講和、後半は、実際に自分でお茶を点ててみたりします。

六回のお稽古を連続して受けていただくと、「正客」までできるようになるお稽古ですが、毎回基本的なことはお稽古できるので、参加できる日だけでも大丈夫です。

第一回
「お呼ばれの仕方、作法、所作」
初めてお茶会にお呼ばれしたとき、どのようにお茶会で振る舞えばいいかを講和と実践で学びます。
場所:和の素敵内
    大阪市中央区淡路町2-4-6 第3エーシービル4階
開始:12時  終了予定:14時
会費:4000円(お菓子代込)
連絡先:06-6209-0866

毎月第四土曜日に行います。
お稽古の詳細は、後日載せます。
同じ日の15時より「お稽古<破>」も行っております。
<序>と<破>を通してのご参加は7000円となります

お稽古内容
第一回  お呼ばれの仕方・作法・所作 
茶室への入り方・茶室の中の決まりごとから、客として招かれた際に知っておきたいこと、また日常生活にも応用できる茶の湯の作法まで、「お呼ばれ」の基礎の基礎を学びます。 

第二回  床の間について―掛軸・花を中心に― 
茶室へ一歩踏み込むと、まず初めに私達を迎えるのは「床の間」です。床の間には掛軸や花が飾られており、その茶会の主旨や季節の味わいを感じさせます。見方がわかるとさらに楽しい床飾りを、基礎から学びます。

第三回  道具の取合せ
さて、いよいよ点前が始まります。ここで、実際にお  茶を点てるために扱われる様々な茶道具が登場しま   す。亭主がその茶会のために取合せた道具の数々、こ  れこそが茶会を愉しむ一番の醍醐味です。さらに視点  を広げて、道具の見方・味わい方を基礎から学びま   す。 

第四回  真夏の茶 
昔から、真夏は避けられることの多い茶の湯ですが、やはり“涼”を感じられる方法も様々に考案されました。真夏に行われる茶の湯とはどのようなものなのか、冷房などが存在しなかった時代においての先人たちの知恵を、目で肌で感じ取りましょう。 

第五回  茶碗の見方・茶会へ向けての復習
茶会において、必ず私達が手に取り触れることとなる道具、それが「茶碗」です。茶碗にはそれぞれ作風に特徴があります。まずは茶碗の拝見の仕方をしっかり身に付け、楽しみ方のコツを掴みましょう。来る茶会へ向けての最終確認と復習を兼ねて学びます。 

第六回  藪内流隨竹庵「秋の茶会」 
これまで学んだことを、実際の茶会にて実践します。茶の湯とは、日常と切り離された別次元の世界です。何かと忙しい毎日の時間を忘れ、少しの緊張と共に、ゆっくりと茶の湯の時間をお楽しみください。
投稿

★お申し込みは、和の素敵の「お問い合わせ 会員募集」のフォーム画面、
または info@wanosuteki.jp までお申し込みください。

お申込み