英国一家、日本を食べる

英国一家、日本を食べる
マイケル・ブース

和食を「逝きし世の面影」にしないための一冊

私たち日本人の多くは、外国人が日本のことについて、賞賛・批判を問わず、書いた本やサイトが大好きです。古くは、和の素敵サイトでもとりあげたシュリーマンが幕末の日本を訪れた旅行記やルース・ベネディクトの「菊と刀」、イザヤ・ベンダサンの「日本人とユダヤ人」(山本七平のペンネームと言われていますが)、哲学では皇居や天皇も取り上げていたロラン・バルトの「神話作用」。多くはベストセラーになっています。それらのほとんどは私たちの自尊心と自己愛をくすぐってくれます。しかし、意外にも「食」に関するものは、私の知る限りなかったと思います。

(もしかしたら和食の専門分野ではあるのかもしれませんが)

 

日本在住の外国人が雑誌などで和食を語るというのはありますが、日本食、和食に大いなる興味を抱き、わざわざ一家総出で来日し、北海道から沖縄までひたすら3ヶ月間も食べまくったエッセイは初めてじゃないでしょうか。最初にいった場所が新宿の「おもかげ横町(昔はしょんべん横町と呼ばれていました)」というのもシブいですね

それが「英国一家日本を食べる」という一冊です。

著者はフードライターを職業とするマイケル・ブース氏。あのル・コルドン・ブルーで1年間学んだこともある筋金入りのライターです。

その彼がなぜ日本に3か月も滞在したかと言えば、ル・コルドン・ブルー時代の辛辣な意見をいう韓国系日本人の友達からもらった「Japanese Cooking : A Simple Art」を読んだことがきっかけです。辻調の先代、辻静雄さんが書いた日本食の著書の英語版です。

 

食べたものもラインアップも凄い。

日本人でも行ったことがない人が多い老舗から、大阪の道頓堀のジャンクフードと言われるようなものまで数多くのジャンルを食しています。ル・コルドン・ブルーで学んだフードライターが(彼が味に鈍感といわれているイギリス人であっても)和食の豊穣さ圧倒されている様子は、日本人にとってかなりの満足感を与えてくれる本書です。

 

しかし逆に、日本人がハッとさせられる表現も散見します。たとえば、大阪で餃子入りうどんを食したときに、その味を「まるでもぎたての豆のように甘く」とか。

日本人でにはできない表現でしょう。こうした再発見が多く散りばめられています。こうした表現は、私たちに和食の良さ、味覚を再発見させてくれそうです。

 

 沖縄料理も大絶賛。健康的であるというのがその理由ですが。和食というジャンルにはたして沖縄料理は分類されるのかどうか、意見の分かれるところでしょうね。ちなみに今や国民食と言われているラーメンはどうなのでしょうか?

(ちなみに、「ラーメンと愛国」というタイトルの本についても書いてみたいと思っています)

 

この本で著者が指摘しているのは、伝統的な和食の一部が失われつつあるという危機感と、世界が知らない、世界が喜ぶ和食がまだまだあるという点です。

 

 まだまだ紹介したい内容がたくさんありますが、和食に興味のある方には必読の一冊です。