麻はいつまで勘違いされるのでしょうか。

 

 

麻はいつまで勘違いされるのでしょうか。

すてきなページがあったのでご紹介。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

「麻」(アサ)ときくと、ヘンプということで、最近の環境問題での後押しもあり、良いイメージだと思います。


それでは、「大麻」(タイマ)と聞くと、どうでしょうか?

そう、すぐに「犯罪」「麻薬」「覚せい剤」「精神異常」などマイナス面として捉えている人がほとんどだと思います。

実は、そういう私も、この話を聞くまでは、あまり理解していませんでした。

ニュースで報道される「大麻取締法」で逮捕される人たちをみては、残念の人達だなーと思っていました。

しかし、数年前、ある本と出会ったことで、「大麻(タイマ)とは、大麻草のことであり、麻薬ではない」ということを知りました。


そう、私たちは、戦後からずーとマインドコントロールされていたんですね。

曰く、大麻とは、「大麻草」のことで、日本古来の伝統植物であり、第2次世界大戦前までは、普通に育成され、神社や仏閣などで使われる、しめなわや鈴紐など神具として活用されていました。


また、農家のからぶき屋根や紙の原料としても使われていて、広く大麻産業として普及していました。



しかし、日本が敗戦に負けて、日本の法律を改訂するときに、占領軍のGHQからコントロールされて、麻を禁止にする法律が制定されてしまいました。

それが、悪法の「大麻取締法」です。



それでは、なぜGHQは、このような法律をつくったのでしょうか。


それは、米国の石油が登場し、石油から化学繊維がつくれるため、麻のような自然の素材が普及してしまっては商売にならないということで、自分たちの利権のために、強引に制定されたのが本当のところのようです。


この麻を禁止にする流れは、世界的にコントロールされましたが、近年、麻の有用性がわかりはじめた国々では、麻の規制緩和が進んでいます。



大麻の栽培を推進している国は、OECD加盟30ヶ国中、23ヶ国もあり、栽培抑制国は、現在アメリカと日本だけです。



それでは、そうは言っても、やはり麻薬の一種、仲間として、危険性があるのではないか? という事で調べた人たちがいます。



驚くことに、大麻による人体の影響は、非常に少ないようです。

—–以下続く—–

(文:大和心眼ーヤマトシンガンー)
http://blog.goo.ne.jp/yamato528/e/b4b1384183410c8bccce78f34e88fff7