「花宵道中」がモントリオールへ

 

 

女優の安達祐実が「家なき子」以来約20年ぶりに映画主演を務めた「花宵道中」が、8月21日からカナダで開催される第38回モントリオール世界映画祭で上映されることが決まりました。

世界中から新作の集まるワールド・グレイツ部門での選出となります。

 

和の心 20140818 安達由美

 

 

新潮社の「女による女のためのR-18文学賞」第5回で大賞と読者賞をダブル受賞した、宮木あや子氏の同名小説を映画化した時代劇。

江戸時代末期の新吉原を舞台に、花魁として生きる主人公・朝霧が、半次郎という青年と出会ったことから大きく運命を変えていく姿を描いた。

「裁判長!ここは懲役4年でどうですか」「非女子図鑑」など多彩に作品を手がける豊島圭介監督がメガホンをとり、主演の安達にとっては、初の花魁役に挑戦した意欲作です。

モントリオール映画祭は、毎年8月下旬から9月上旬にかけて開催される、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭。

世界では14あるうち、北米で唯一の長編コンペティション部門を有する映画祭で、1977年から開催されています。

「花宵道中」は11月8日から公開。

 

(文:映画.com:http://eiga.com/news/20140808/11/1/01/)