今日から9月、長月です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

こんにちは

 

八百万、目に見えないものまでにも「ありがとう」と思える和の心が大切。

「ありがとう」という言葉が、この世界をいつも笑顔あふれる幸せな毎日にしてくれると思っている葉室です。

今日から9月、長月。

暑い夏がいつの間にかそーっと姿を消して、気持ちの良い風がそーっとやってきてます。

でも、日本人は気が付くんですよね、季節の移り変わりを。

そして、楽しむんですよ、季節の移り変わりを。

長月、楽しいことがいっぱい待ってますよ。

みなさんは何をして楽しまれますか。

私は浄住寺でお月さんと楽しみます!

宜しかったら秋の夜長を浄住寺でご一緒にいかがですか。

 

なぜ長月というの?

 

日本では、旧暦9月を長月(ながつき)と呼び、現在では新暦9月の別名としても用いています。

旧暦9月は新暦で10月上旬から11月上旬、夜がだんだんと長くなってくるころです。

長月の由来は、「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力です。

他に、「稲刈月(いねかりづき)」が「ねかづき」となり「ながつき」となったという説、「稲熟月(いねあがりづき)」が略されたものという説などがあります。

また、「寝覚月(ねざめつき)」の別名もありますね。

この9月は菊の花の盛りにあたるため別名「菊月」ともいいます。

特に9月9日は「菊の節句」とも「重陽(ちょうよう)の節句」とも呼ばれます。

「重陽」とは、陰陽説で奇数を陽、偶数を陰と考え、陽の数つまり奇数の一番大きな数となる9が日月で重なる佳日という意味で。

この日には古くから「菊酒」を飲む習俗があります。

「菊酒」とは菊で造った酒ではなく、菊の花を浮かべた酒のことですよ。

9日が楽しみ(笑)

 

和の心 20140901 お月見2

 

長月、やっぱいお月さまですよ

 

日本人は、時々刻々と深まりゆく秋の気配を、耳を澄まし、肌で感じながら秋月のさやけさをことさらに愛し、生活を楽しんできました。

お月さまの日毎に変わってゆく名前、御存知ですか?

「中秋の名月」-八月十五夜の月。

「十六夜(いざよい)」-十五夜より少しおくれてでるので、ためらいながら出る月の意。

「立待月(たちまちづき)」-十七夜の月。 縁に立ったり、戸口に出たりして待つ月。

「居待月(いまちづき)」-十八夜の月。 家の居間や座敷でゆっくり待たねばならない月。

「臥待月(ふしまちづき)」-名月から四日目の月。 燈火に乏しい古えの人々は、寝所に入って窓から月を眺めました。

「更待月(ふけまちづき)」ー二十日月。 半月に近い形でのぼってくる。一眠りしてから見る月。

「有明月(ありあけづき)」-名月からの日数ではなく、翌朝の有明空にあわくかかる月。

 

 

また、名月を遡って前日の月(八月十四日の月)は、「待宵の月」、「小望月」と呼び、待つ心を大切にしました。

これらの他にも、名月の一ヶ月後は十三夜が良いとされ、九月十三日の月は「後の月」という名がついています。

 

 

 

ありがとうございます。

 

それにしても、月に対する美意識は、お国柄や風習によって違うらしく、その違いはそれぞれの国の古典文学に著されています。

シェークスピアが主人公に言わせる有名な科白(せりふ)。

「日毎に形を変えてゆく不実な月に、愛を誓ってはいけない。」

漢詩に使われた月の表現には、月の形よりも月の明るさを讃える「明夜」「明月」「月光」などの言葉が多いです。

中天に輝く満月や、美女の眉を思わす三日月のように、くっきりと輪郭の濃いい月が好んで詠まれているようです。

さて、では日本人の場合はどうでしょうか。

数寄者風流人の兼好法師は、「徒然草」に

「花は盛りを 月は隈なきをのみ 見るものかは

雨に向かひて月を恋ひ、垂れ籠めて春の行方知らぬも、なほあはれに情け深し。

咲きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ見どころ多けれ。

と書きとめ、日本人ならではの美感に標識をたてています。

現代語訳しますと

「花は満開のときだけを、月は雲りがないのだけを見るものであろうか、いやそうではない。

降っている雨に向かって(見えない)月のことを慕い、すだれを垂らして室内にこもり春が移り行くのを知らずにいるのも、やはりしみじみとして情趣が深い。

今にも咲きそうな梢、花が散ってしおれている庭などにこそ見るべき価値がたくさんある。」

 

いかがですか。

風情豊かな日本の心。

見えないものにまで心に姿をうつして愛おしむ。

大切にしたい心です。

今日のお月さまは、月齢10.4、半月から少し丸くなってきました。

今宵はお月さまを見て、そして、目を閉じて、心に何かをうつしてみてはいかがですか。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

これからも浄住寺共々、宜しくお願いいたします。

(旧文2014.09.01:再編)

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »