白洲正子のきもの  白洲正子 牧山桂子 青柳恵介 八木健司(著)

 和の素敵 白洲正子 着物の本

白洲正子のきもの
白洲正子 牧山桂子 青柳恵介 八木健司

「人に見せるのでなく、自分がたのしめばよい。きものはその為にあるのです」

若い人たちにきものがカジュアルになってきてとてもうれしく思っています。様式のこだわることなく、自分の感性で自由にきものを着る。きものにブーツでもいい。半襟にふさふさのレース地をもってきてもいい。大切なのは、普段の生活のなかでもきものを着るということ。きものでおしゃれを楽しむことだと思います。 という思いは、きっと白洲正子さんも同じだなと思ったのが、この「白洲正子のきもの」でした。 「人に見せるのでなく、自分がたのしめばよい。きものはその為にあるのです」という一文にすべてが集約されています。 白洲正子さんは、伝統工芸や芸能の眼利き、文章家として知られていますが、白洲正子の本領は、実は「きもの」だということもわかります。小千谷縮や結城紬、紅型、芭蕉布など、遺愛の優品を鑑賞しつつ、晴れ着よりも普段着を好んだ独自のきもの観に触れることができ、日常生活で自由にきものを楽しむドレスダウン術も学べます。白洲家長女の率直な回想記も収録されています。