丹波立杭焼の市野さん 本当に素敵な方です。

 

 

   OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

     先日、丹波立杭焼きの市野さんの工房、大雅窯へおじゃましま

     した。

     二度目です。

 

     数ヶ月前にご紹介いただいたのですが、もっとお時間をいただ

     いてお会いしたくて。

     最初にお会いした時から、その温和な人柄に、そして、素敵な

     作品に魅了されていた私です。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、市野さんが作陶家としてこんなに有名な方だとは知らずに。

第13回日本陶芸展(1995年)で、貝を思わせる器「開」が当時最年少でのグランプリを受賞。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

楽さんたち数人が載っている茶陶作家の本に現代作家の一人として載っていて。

丹波が生み出した焼き物の偉才。

恐れ多くも気軽にご連絡しておじゃましてしまいました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

それでは、大雅窯へどうぞ。

いつもニコニコ顔の市野さん、暖かく迎えてくれました。

今西さんも熱心に話を聞いて楽しんでます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

篠山の緑豊かな自然に囲まれた工房。

美味しいものがいっぱい、今なら栗、黒豆。

これから、冬になれば猪、ぼたん鍋。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

このような自然に囲まれて育ったれたからいつもニコニコしてるんですか。

作品も自然のまま、

思ったままの姿をしているように思います。

 

和の心 20141014 市野さん 丸玉オブジェ

 (この「魂(コア)」とうい作品、直径105cmもの大作です。私は鬼太郎のお父さんのお父さんって呼んでます)

 

斬新なオブジェがあれば、遊び心いっぱいの器。

楽しんでますよね!

本当にオリジナリティーあふれる作品ばかり。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

帰りにはどうしても欲しかった、代表作「線紋盃」買っちゃいました。

家では宝物。

ビール、焼酎はもちろん日本酒、お茶まで、何にでも使ってます。

マジで美味しくなりますよ。

 

和の心 20141014 市野さんカップ

 

     でも、残り少なくなってました。

     また、作られるのかな?

     もし、作られたら和のお店で紹介させてくださいね。

 

     市野さん、素敵な一日をありがとうございました。

     和の素敵のみなさんと陶芸教室にそして、お話を聞きに

     またお伺いさせてください。

     また、お伺いしますね、お邪魔でなければ。