みなさん下駄を持ってますか。

 

下駄のカラコロと言う音を楽しみながら履くの、とっても楽しいですよ。

劇場とかでは下駄の音が迷惑になるので履いていっては駄目ですけど。

わたしは下駄が大好き。

なので、下駄についてです。

 

先ずは「下駄は身体にいい!」から。

 

和の心 20141016 下駄 浮世絵2

 

下駄は世界に誇れる日本文化の一つです。

戦前までは、日本の普段履きは下駄でした。

素足で履くから足をきれいにしておいておく習慣が自然と身につき、風通しがいいので水虫にもなりにくく、外反母趾という病気もありませんでした。

下駄は足の指を締めつけないので足本来の正しい機能や形を保ってました。

それが靴を履くようになってから大事な足の働きがなくなってきてしまいました。

 

また、下駄を履くことにより、鼻緒を挟む指の運動、足の裏が直接木の台に触れることにより足の裏のツボが刺激されるなど、血液の循環を抹消から促進し、足の筋肉の使用と相まって脳の働きを良くするそうです。

そして、足の裏に平らに体重がかかるので土踏まずがちゃんと形成されます。

退化する一方と言われる足指の機能を守り、健康的で実行力のある下駄。

(文:「退化する日本人の足の指」筑波大学教授 浅見高明氏)

 

和の心 20141016 下駄 舞子

 

昔の人はこのようなことを意識して履いているわけではないでしょうが、無駄がないって言うか、素晴らしい下駄の効用ですね。

いかがですか、みなさんも下駄を一つ。