きものを自分流に着こなすために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

「きもの」に関する連載を始めました。
記事は、アンティックきもの店「ひょうたん屋」の店主、角田さんです。

 

最近、きものを着る女性を街でよく見かけるようになりました。
“女性も男性も、普段の生活でももっときものを着よう”
そう勧めている和の素敵としてはうれしいことです。
雑誌やWebで “きものを自由に、カジュアルに着よう ! ” という特集が組まれているおかげかな。

掲載されているきものの着方はとてもかわいくて、ファンキーで、ポップなものばかり。
見ているだけで楽しくなります。
こんな風に若い人たちが、
きものを自分の個性や時代の流行に合わせて着ることがもっと広まればいいなと思っています。

だからこそ、きものをカジュアルに着ることを覚えた人に、
着物(あえて漢字)について知ってもらいたいこと、知っていた方がいいかも、と思うことがあります。
何でもそうなんですが、
基本を知っていてこそ、それを自分流に崩すことができる、ということです。
それの方がカッコイイし、自分流に深みと趣がでるというものです。

そんなワケで、この連載を始めました。

連載一回目は「お召し着物  その一」です。
お召しって言われるとちょいと構えてしまいますが、そんなことはない。
ひとつは持っておこうかなとカジュアルに思えますよ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »