obentou

歌舞伎の楽しみは、観劇だけじゃない!

ときめき☆平成歌舞伎 第3回

 

こんにちは。安積美香です。

ときめき☆平成歌舞伎、連載3回目です。

 

「月イチ更新目標!」だったハズですが、

いまのところ、超!ハイペースで更新中~!

闇(和の素敵さん)のプレッシャーに押されています・・・(笑)

歌舞伎の楽しみは、観劇だけじゃない!

 

お弁当の定番中の定番、 幕の内弁当!

 

「幕の内」って???

諸説あるようですが、

「幕間(まくあい)に食べるお弁当」というのも、ひとつの説のようです。

 

通常の歌舞伎公演は、3~4時間。

お昼の部であれば、

11時に開演して15時ごろ終演というのが一般的。

 

その間に、2~3回の休憩時間があります。

この休憩時間のことを幕間(まくあい)といいます。

 この幕間、

必ず1回は、30分前後の長いものがあります。

これは、お弁当タ~イム♪

 どんなに悲しいお芝居の後でも

一瞬で、楽しっい楽しっいお弁当~っ♪

 obentou

写真は、十月花形歌舞伎のときに食べたお弁当。

母チョイスのおこわ弁当です。

松茸のおこわ(銀杏入り!)、栗のおこわ。

うふっ。秋です~☆

開演前にデパ地下に寄り道して、購入しました~♪

 

劇場内の売店でも販売していますし、持ち込みもOK!

外に食べに行くのも、もちろんOKです。

 

セレブさまは、料亭にたのんで、

幕間に合わせて劇場まで持ってきてもらうなんてことも!!!

憧れるわ~~~☆

 

これは、歌舞伎の長い歴史のなせる業。

市民ホールや歌舞伎以外の劇場では、

「お弁当を持ち込んで、劇場内(客席内)で飲食する」

なんてことは、ありえない(禁止されていることが多い)ですよね。

 

そうそう!

お弁当だけじゃなくて、甘いものも、飲み物、アルコールもありますよ♪

わたくしのお気に入りの甘いものをいくつかご紹介!

 

【南座】 井筒八ツ橋本舗の三笠

mikasa

 

ただの、どら焼きではない。

八ツ橋屋さんだけあって、中に生八ツ橋が入っているんです!!

けっこうボリュームがありますよ!

【松竹座】 高砂堂の栗赤飯まんじゅう

 sekihan

ほんのり甘くって、しあわせの味~。

2つ入りなので、

終演後に食事をしようと思うときは、これで、小腹を満たしています。

 

基本、関西の劇場に入り浸っているわたくしですが、

たま~~~に、お江戸へ。

【歌舞伎座】 めでたい焼き

 medetaiyaki

たい焼きの中に、紅白のおもちが入っているんですよ~♪

めでたいっ!

屋台形式で、その場で焼いているので

熱々を食べることができます。(やけどに注意!)

これ、本当に関西の劇場にも欲しい!!!

切望です!

(劇場関係者さぁ~~~ん!)

 

おみやげや、舞台写真を選ぶのも楽しいです☆

役者さんのグッズや、DVD。和小物にお菓子♪

 

わたくしが、必ず買うものは「番付(ばんづけ)」。

「番付」?

 banzuke

いわゆる、プログラムです。

 関西の劇場では、「番付」

お江戸の劇場では、「筋書(すじがき)」

市民ホールや歌舞伎以外の劇場では、プログラムやパンフレット

などと言われて売られています。

 

関西贔屓をするわけではないのですが、

個人的には「番付」という言葉が好きです。

なんか江戸時代の匂いがしませんか?

(えっ! マニアックすぎ???)

 

中身は、その興行の演目、配役、あらすじ、見どころ、

役者さんのインタビュー、過去の上演記録など。

最近は、あらすじの英訳文が載っていることも!

期間の後半になると、舞台写真が入ることもあります。(お得感満載~!)

 

はじめて観劇されるかたには

歌舞伎って、そんなに長時間なの?

そして、なんで何回も休憩があるの!!

と、ビックリされるのですが、

お手洗いにも行かないといけませんし、

(女性用はねぇ、どうしても長蛇の列になっちゃいます・・・)

お芝居の感想もしゃべりたいし!

4時間なんて、あっという間!!!

 

開演前に、わくわくしながらお弁当を選んで、

終演後に、お芝居の余韻にひたりながらお茶をする。

 

お芝居以外にも、ときめき☆いっぱい♪

ぜ~んぶひっくるめて、観劇です☆

 安積さんPF

 この記事に関しての感想、苦言、ご指摘、ご要望は、

「和の素敵」へご連絡ください。

info@wanosuteki.jp