和美茶美 20141120

ボジョレーヌーボーもいいけど、やっぱり新茶と新酒ですよね

 

 

今日はボジョレーヌーボー解禁日とか。
日本人ならボジョレーより新茶や新酒が気になってしまいますね。

新茶は早ければ八十八夜のすぎの5月初めごろ。
この八十八夜は立春(2月3日)から数えて88日目の日の事を言います。
その年によって、若干の差があるのですが、だいたい、5月2日頃が八十八夜になります。
昔から、この日に摘み取られたお茶を飲むと一年間無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。
実際に、この日前後に摘み取られたお茶は新茶の中でも一番味がのっておいしいお茶に仕上がっています。

新酒は、蔵元によって違いますが、それこそ今頃です。
五穀豊穣をお礼して祀って、今年収穫された新米から作られます。