大阪大好き!ヤン・ベッカーさん

 

 

ヤン・ベッカー(YANN BECKER)さんは1971年スイスに生まれました。

母国でカメラ、照明、舞台美術などの分野で活躍していましたが、

大阪好きがこうじて来日。現在は阿倍野区王子町の長屋に住み、大阪の風景、とくに下町に残る「昭和」を撮影しています。

なぜ彼が大阪の下町に住むのかと言えば・・・。

その理由を聞くと、スイスで大島渚監督の「太陽の墓場」を観て衝撃を受けたからだと答えています。大阪の西成、当時はスラム街を舞台にしたギラギラした映画です。

 

太陽の墓場

 

この映画、ヒットした「Aiiways 三丁目の夕日」と同じ時代を描いているのが驚きですね。

 ヤン・ベッカーさんをもう少し詳しく紹介しましょう。

スイスで産まれた彼は、ロザンヌ大学とパリ第10大学(1991-1996)の人文・文学部にて学んだ後、Bert De Raeymaecker氏(チューリッヒ)、Roland Deville氏(ジュネーブ)とともに、舞台および照明デザインの技法を学び、その後フリーランスの舞台・照明・ビデオデザイナーとしてキャリアを積みました。

これまでに、ヨーロッパ諸国、アジアで、演劇、ダンス、オペラ、マルチメディアを使ったパフォーマンスなど、100以上の舞台や照明、映像デザインを手掛けています。

その内容は、アイスキュロスからシェークスピア、イヨネスコ、サルトル、ベケット、プッチーニ、バルトーク、ストラビンスキー、などまで幅広いものがあります。

写真と映像、照明を組み合わせたインスタレーションもおこなってきました。

 

ヨーロパ

 

一方で写真家、映像作家としても活躍し、前述したように2010年より大阪在住。

現在も国内外の劇団で舞台美術、照明及び映像制作を手掛け、日本各地や海外での公演に参加しています。

 

関西1 関西2

 

また、カメラマンとしてのヤンさんは、これまでに写真集「天下茶屋」を刊行。

 

 天下茶屋3天下茶屋2天下茶屋1

今は、大阪の風景をヤン・ベッカー流に切り取った「オオサカ万華鏡」の発刊準備をしています。

 

万華鏡1万華鏡2

 

発刊が楽しみですね。

 ヤン・ベッカーさんのHPです。

http://www.ymedia.ch/profile.html