栗山祥子先生の素敵な和紙人形の世界!

 

先日、素敵なご縁を頂きました。

「紗らさ*カフェ」主催の竹中さんから、創作和紙人形「まどか会」の主催 栗山祥子をご紹介いただきました。

(紗らさ*カフェ:http://www.sarasacafe.net)

もうじき米寿というのに、とってもお元気!

今も作品制作に携わって、産経学園でも和紙人形を教えていらっしゃいます。

 

とにかく、今日は黙って下の歌舞伎小屋をご覧ください。

お話は竹中さんのブログからいただきました。

 

 

和紙人形作家 栗山祥子氏(創作和紙人形 まどか会主宰)による約300体の人形たちビックリマーク
江戸時代の歌舞伎小屋は工芸作家 河野祥司氏が再現されました。

10cmに満たない和紙人形たちの生き生きとした動き、「たたずまい」が感じられます音譜
顔は入っていないのに表情がわかるのは、首の角度、髪の乗り方,,,,,ですかね。

小屋の中は、歌舞伎に見入ってますし、小屋の外は、がやがやと喧騒が聞こえそうです。

そして、なんといっても,,,,,,
~かぶらんなぁ~のきものきもの、きもの、きもの ・・・・

 

きものはこやし、紗らさ日記-1

え!? 歌舞伎観賞?
きものはこやし、紗らさ日記-客席

ようできてるでしょう~音譜 桟敷席でお弁当食べてます割り箸

花道~合格

きものはこやし、紗らさ日記-花道

黒子,,,,,,,目

きものはこやし、紗らさ日記-黒子

小屋の前は、こんな騒ぎビックリマーク

きものはこやし、紗らさ日記-小屋前

お団子も美味しかろう,,,てラブラブ

きものはこやし、紗らさ日記-おやすみどころ

小屋の全貌は,,,,,,

きものはこやし、紗らさ日記-全貌

スケールはこんなものです!
右端に写っているのは,,,,モンスターきものはこやし、やし。。。

きものはこやし、紗らさ日記-私

ねっ!

わぁおーって、釘付けになってしまいますよね。

もう、ここまでの作品発表はないのかな?

見たいですよね、みなさん!

和の素敵で行えないかな?

 

で、この作品は今、どこにあるのでしょうか?

 

明日は、最新の作品をご紹介します。