OLYMPUS DIGITAL CAMERA

和舞(やまとまい)とはどんな舞  その二

 

 

和舞とはどんな舞なのか、書物を見てみますと、「雅楽観賞」には「「大和歌」は上古に大和(奈良県)地方に発生した歌曲で、これに伴う舞を「大和舞」といい、倭舞ともかく」

「東遊」が東国地方の風俗舞であるのに対して、これは大和地方の風俗歌、風俗舞で、中世になって雅樂寮(うたまいのつかさ)で司った」とあります。

また「国史大辞典」には「倭舞(やまとまい)」として「鎮魂祭・大嘗祭などの宮廷の祭、あるいは社寺などで行われた古来の舞の一つ。和舞・大和舞とも書く。」とあります。

ちなみに現在春日大社では、「和舞」の文字をあてています。

また東遊とは「東国地方の遊び」という意味合いです。

「遊び」というのは遊興の意味ではなく、魂を豊かにすることですね。

安閑天王の御世に、駿河の有度浜に天女が遊ぶのを写したという伝承があります。

 

さて、この和舞が文献にはじめて見えるのは「続日本紀(しょくにほんぎ)」宝亀元年(770)です。

3月辛卯の条に、葛井氏や船氏などによる歌垣の後に、藤原雄田麻呂らが和舞を奏したと書かれています。

また、大宝令に関する注釈を集めた「令集解(りょうのしゅうげ)」によれば、天平年間には雅樂寮(うたまいのつかさ)で五節舞に含めて教えられていましたが、弘仁10年(819)12月、嘉祥元年(848)9月の太政官符では五節舞とは別に教えられていたことが見え、このことから、和舞が格別に大事にされた舞であったことがわかります。

 

見たことありますか?和舞。

YouTubeで探してみたけどありませんね。

みなさまで、どこかで見かけたら教えてください。

実際に見てみたいですね。

だから3月に春日祭に行かなければ!
(写真:東遊)