和の素敵 20141231

一日、一日が伝統になる

 

 

「創業1300年」日本の老舗旅館が、海外で話題になっている・・・

http://tabi-labo.com/69687/oldest_company/

 

ときには、自分の趣味趣向や家族さえもを犠牲にし、護り伝えてきた老舗の暖簾。

連綿と続く歴史の重みを当主の法師 善五郎氏は日本人らしい、つつしみ深い表現で説いている。

「変わらないのは、こんこんと湧き出る温泉だけです。

一日、一日を積み重ね、それが歴史となり伝統となるんでしょうね」

 

年の瀬の今日、改めて伝統とは一日一日の積み重ね。

簡単そうで一番難しいこと。

 

年が変わっても私たちは一日を大切に、みなさまと共に素敵な和を多くの人と楽しんでいけるように。

そして、日本は素敵な国だって大きな声で言えるように続けてまいります。

今年一年ありがとうございました。

こころよりお礼申し上げます。

これからも宜しくお願いいたします。