少女から一人前の舞妓へ…置屋の「お母さん」の教育

 

 

今の世の中、人を育てる、厳しく教える人たちって少ないですよね。

そんな日常が残っているのが、花街の世界。

教えるって、自分も厳しく生きていかないと教えられないです。

日本人としての教えをきっちりと。

大切にしないといけないことです。

きっと、学ばなければならないことが花街にはいっぱいあるのでしょうね。

 

6日の産経新聞に載ってました。

「「覚悟」教え 支える女将」

 

和の心 20150108 花街

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花街の門をたたいた少女たちを一人前の芸舞妓に育てるのは、「お母さん」と呼ばれる置屋(おきや)の女将(おかみ)と「お姉さん」である先輩の芸舞妓たちだ。

 

「一生懸命頑張ったな。ええ舞妓にならんといかんで」。

昨年12月8日に宮川町の舞妓になった、とし日菜(ひな)さん(16)に、置屋「駒屋」の女将、駒井文恵さん(70)が涙を浮かべて語りかけた。

 

この日、とし日菜さんは舞妓としてお披露目される「店出し」を迎えた。

初めて黒紋付きの正装に着付けてもらい、先輩の芸妓と姉妹の証しとなる杯を交わして、あいさつ回りをした。

京都の町並みと着物が好きというとし日菜さん。高校の看護科に進学するか迷ったが「今しかできないことをしたい」と、あこがれの舞妓になる道を選んだ。

 

中学3年だった平成25年10月、舞妓体験の店を訪れ、関係者から駒屋を紹介された。

大阪の親元を離れて翌年2月から住み込み、卒業式に出席した以外は一度も帰省しなかった。

「気配りがちゃんとできる舞妓になること」が当面の目標だ。

駒井さんはほぼ毎年、舞妓をデビューさせている。

時代の流れに沿って、希望者を募集するホームページを設けたが、あえて厳しい言葉を連ねる。

「覚悟が必要です」「中途半端な性根ではやっていけません」

 

生活習慣の変化によって、正座や布団の上げ下ろしに慣れない少女たちが増えた。

修業期間の「仕込み」は9カ月、お座敷での立ち居振る舞いを学ぶ「見習い」は1カ月。それでも期間が足りないと感じる。

 

我慢すれば必ず舞妓になれるという希望と、300年余り続く伝統文化の担い手としての自覚。

その両方を持たせることが「お母さん」の役割だという。

 

「人を育てることは、自分が鏡になること。

いろいろと叱りますが、『お母さん、おおきに』という言葉が返ってくるだけで、うれしいんです」

 

少女たちの心に異変があれば、態度や顔つきで分かるという駒井さん。

店出しの直前、とし日菜さんの両親にはこう頭を下げた。

「舞妓になってからも、しんどうなったときは親御さんに何か言うてくると思います。

親御さんのお力添えがあれば、助かるんです。応援してください」

(小野木康雄)

 

【用語解説】舞妓と芸妓

舞妓は芸妓の見習いで、だらりの帯や「おこぼ」と呼ばれる厚底の履物が特徴。

置屋に住み込み、共同生活で京言葉や行儀作法を学びながら、舞や三味線、茶道などの芸事を習う

。2~5年ほどで「襟(えり)替え」をして芸妓になり、25歳ごろまでに置屋を離れて「自前」として独立する。

それまでの生活費や稽古の費用、衣装代はすべて置屋が負担する。