和の心 20150114 左馬

左馬の由来

 

 

先日、素敵なものをいただきました。

左馬のクリスタルの置き物です。

さて、「左馬」って縁起が良いってよく聞きますが、なぜいいのかご存知ですか。

 

まず最初に、左馬は「馬」の字が逆さまに書いてあります。

「うま」を逆さから読むと「まう」と詠めます。

「まう」という音は、昔からめでたい席で踊られる「舞い」を思い起こさせるため、「左馬」は福を招く縁起のよい駒とされています。

 

つぎに、「馬」の字の下の部分が財布のきんちゃくの形に似ています。

きんちゃくは口がよく締まって入れたお金が逃げていかないため、古来から富のシンボルとされています。

 

そして、馬は人がひいていくものですが、その馬が逆さまになっているため、普通とは逆に馬が人をひいてくる(=招き入れる)ということから商売繁盛に繋がるとされています。

 

最後に、馬は左側から乗るもので、右側から乗ると落ちてしまいます。

そのようなことから、左馬は運が落ちず、縁起がいいとされています。

 

なるほど、こんなに理由がいっぱいあるのですね。

また、一つ賢くなりました。

大切にします、左馬!