古事記の魅力① 〜神々の国生み・国作りの物語〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

先日、(社)さざれ石ジャパンが設立されました。

目的は、日本の最古の神話、「古事記」を多くの人に知っていただき、そこから日本人として日本にもっともっと誇りを持っていただきたいと願い設立しました。

そして、iPhone、iPad向けアプリ「紙芝居古事記『誰が作ったの?日本』」を作りました。

無料ですから、まずはダウンロードして古事記を楽しんでください。

まずはダウンロードから

https://itunes.apple.com/jp/app/shuiga-zuottano-ri-ben/id954968083?mt=8

 

そして、(社)さざれジャパンの古事記ガール、深水さんが古事記について記事を書かれています。

なによりも古事記が大好きで、時間があれば古事記にまつわる神社やゆかりの地に足を運び、熱心に研究?にいそしんでます。

その深水さんの記事を和の素敵でも掲載させていただきますので、応援のほど宜しくお願いいたします。

 

 

古事記の魅力① 〜神々の国生み・国作りの物語〜

 

私たちが主な活動として取り組んでいるのが、アプリ「紙芝居古事記『誰が作ったの?日本』」の制作です。

では、古事記ってどんな本なのでしょうか。

味のない言い方をすれば「日本最古の歴史書」となりますが、1,300年以上読み継がれてきた古事記には、単なる歴史書以上の魅力があります。

それは古事記が、日本の国生み・国作りを描いた物語であることです。

「日本って誰が作ったの?」
この問いに答えられる日本人は、ほとんどいないと思います。
それは、学校で教わらないからです。

でも本当に知らなくて良いことでしょうか?

世界のどの国でも、子ども達は自分の国の建国の歴史をしっかり教わります。
先人が苦労の末国を作ったということが、自分の生まれた国への誇りを育てるからです。

私たちだって同じはずです。
日本を作った神々は、苦難の多い国生み・国作りの過程で、愛し合い、励まし合い、慈しみ合い、譲り合い、ともに喜び、笑い、涙を流し、怒り、そして恋をしながら、常に前向きに国作りを遂げていきました。

遠い遠いご先祖さまである神様たちが苦労しながら日本を作ったことを、また他の国では考えられないくらい平和的に国を作ったことを、そして今でも素晴らしい神々に見守られていることを、誇らしく思うことでしょう。

私たちはそんな素晴らしい国に生まれてきたのです。

古事記は、私たちの心に「誇り」という明かりを灯してくれます。

 

和の心 深水さん

 

一般社団法人さざれ石ジャパン

https://www.facebook.com/sazareishi.jp

iPhone、iPad向けアプリ 「紙芝居古事記『誰が作ったの?日本』」

https://itunes.apple.com/jp/app/shuiga-zuottano-ri-ben/id954968083?mt=8

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »